注文住宅の購入

注文住宅の買い時を見誤らないために

住宅を購入するという時、営業マンにすすめられるとつい今が買い時とおもって契約を結びたくなるものです。今は、頭金ゼロでも物件価格の全額融資が可能な金融機関も数多くありますが、やはり貯蓄してから購入するのが絶対的に安心といわれています。 借りられることと返せることは全く別物です。頭金が多ければ借入額は少なく済み、その分毎月の返済も少なくてすむので、ゆとりのある家計支出になります。さらに、家の購入後は修繕費や固定資産税などもかかりますので、注文住宅を購入後に破たんしないようにするには、まずは貯蓄の習慣をつけることが先決で、貯蓄力があるか否かは20年、30年と続く返済力があるか否かにもつながるのです。

着実で効率よい貯蓄と資金計画で将来を見据える

具体的にその頭金をどのように準備していくのかといえば、積立定期預金などで、先取りしてコツコツと貯めていくのが最も確実な方法になります。勤務先に財形住宅貯蓄の制度がある場合には、利用するのも一つの手です。給与天引きで引き出しにくいうえ、注文住宅の購入に使用した場合には、一定額まで元本に対する利息が非課税になるメリットもあります。 早く貯めたいからといって、リスクの高い商品に投資するのはNGです。大切な資金を大きく減らすことになりかねないので、気を付けます。 このように工夫しながら貯蓄していくうちに、毎年どれくらいの貯蓄が可能かを把握できますし、確実な目標額も定めることができるのです。今の住まいの家賃に貯蓄目標額をプラスしたものから、将来のために残したい貯蓄や注文住宅購入後の家の維持費などを差し引くと、将来、住居費に充てられる金額が割りだされるので、資金計画も立てやすくなります。